スマートフォンの時代に合わせた機能

スマートフォンの時代に合わせた機能

スマートフォンの誕生

携帯電話がなかった時代はみんなどうして生活をしてきたのだろうか、と思うくらい今の生活にはスマートフォンが浸透しています。待ち合わせ場所を詳細に約束していなくても電話でやり取りしながら会うことができたり、暇つぶしにインターネットが見られたり、音楽が聴けたりとスマートフォンがあればほとんどのことができます。そのため、外出する際に忘れて出てしまうとそれだけで不安になってしまうということも少なくありません。それくらい私たちの生活に浸透しているスマートフォンですが、登場してまだ20年も経っていないものなのです。

スマートフォンという言葉は英語で賢いを意味するsmartと電話のphoneとが組み合わされて作られた言葉です。中には見た目のスッキリとした姿を意味するスマートだと思われることがありますが、そうではありません。2000年から少しずつ登場してきたスマートフォンですが一般的に多くの人が用いるようになったのは2006年頃からと言われています。日本では多機能電話と言われる携帯電話でも通話以外の機能が充実したフューチャーフォンと呼ばれるものが販売されていたため、2000年から2005年まではスマートフォンというのは通信機能が充実したビジネスマン向けのものとされていました。2005年に今のスマートフォンの原型に近いタイプのインターネット通信ができてフルキーボード、タッチペンを感知するタッチパネル、WindowsのOSというものが販売されたことから一気にスマートフォンが進化を遂げることになります。


★ スマートフォン関連外部リンク ★
iPhoneに代表されるように、高機能が搭載されているスマートフォンは毎年のように発表されています。しかし、高機能といっても使い方によっては故障する場合もあり、その際は修理が必要です > iPhone故障